飲食店の売上が劇的にアップする方法を伝授

夢の店をオープンさせたい

店舗

事前の下準備が大切

雑貨屋さんやケーキ屋さんなど、いつか店舗開業を夢見ているのなら、前もってかなり下調べをしておく必要があります。小売店というのは、最も立地条件によって売り上げが左右される業種とも言われており、店を出す予定の土地探しはとても重要なのです。例えば、人口がある程度あり、将来においても増加していく土地であることや、ターゲット増が多く住んでいる土地、競合店の有無など、いろいろな条件にあった土地探しをすることが店舗開業の第一歩となります。また下調べの際に、条件に合う土地を見つけたら、曜日や天気・時間帯などを変えて何度も現地調査するようにしましょう。土地が決まったら店舗です。もともと建っている店舗を借りるのであれば、現状を確かめたうえで、権利関係や契約書記事項の確認を行います。土地と建物が決まっても、すぐにいざ開店というわけにはいきません。店舗開業するには、店の施工や商品の買い付け、業種によっては許認可申請もしなければならず、その後開業届けというものを出す必要があります。店の施工は、施工業者との綿密な打ち合わせが大切です。店のイメージやレイアウト、陳列方法などは売り上げに大きく左右するので、信頼のおける業者に依頼することが求められます。商品の仕入れの際には、これからの事業計画を立てておくことも大事です。損益計画表等は、これから数年後のものまで計画して準備しておくことがいいでしょう。開業届けは、規模や雇用人数などによって必要な届け出が異なりますが、税務署や社会保険事務所、労働基準監督署などへの手続きが必要となります。店舗開業についてのおよその流れはこのようになりますが、もしわからない点がある場合は地域の商工会議所へ相談するといいでしょう。